【神奈川県】森永ハイチュウの工場見学レポ。試食やお土産もご紹介

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

工場見学

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます(^_^)

今回、神奈川県横浜市鶴見にある、森永製菓の工場見学に参加してきました。鶴見の工場では、主にハイチュウや小枝が製造されていました。

こちらの記事では、施設内の様子、試食やおみやげについてもご紹介したいと思います。

こちらの記事でわかること
  • 工場では何が見れる?
  • 試食のご紹介
  • 記念品
  • フォトスポット
  • ギフトショップ
  • 料金
  • 工場までのアクセス
  • 見学の予約方法
スポンサーリンク

鶴見工場

神奈川県鶴見市にある森永の工場です。

展示フロアには、森永の歴史やおもちゃのカンヅメ、商品などが並んでいました。

おもちゃのカンヅメは、チョコボールのくちばしで金のエンゼルが出たら1枚で1缶、銀のエンゼルが出たら5枚で1缶、おもちゃのカンヅメのプレゼントがGetできます♡

あすママ
あすママ

金のエンゼルはなかなか出ないですよね。銀のエンゼルは数回当たったことがあって嬉しかったな。

何を見れる?

まずはシアターで森永製菓の歴史や、おいしさの秘密などが詰まった映像を見ました。

そして、製造ラインでは、主にハイチュウや、小枝を製造していました。森永も、作業の多くは機械化されているので、働いている人はやっぱり少ない…。

あすママ
あすママ

残念ながら、製造ラインでの写真撮影は禁止でした。

展示フロアでは、ハイチュウの歴史、食べた時の弾力の秘訣(お砂糖の量を変えたら弾力がどう変わるのかの実験映像)、ほかにはクイズや間違い探しもあって楽しかったです。

ハイチュウって、こんなにたくさんの種類があったのですね~!

試食

製造ラインや展示フロアを見学したあとは、試食タイム。試食できる商品は、季節によって変わるとのことですが、この日はチョコモナカジャンボを1/2袋、小枝の新商品というでした。

あすママ
あすママ

小枝の味は、新商品のため内緒とのことでした。ミスタードーナツとのコラボ商品のチョコファッション味だったのかな。

試食品は持ち帰りNG。試食が終わった人から、展示フロアやギフトコーナーで自由に過ごす流れ。

森永製菓
¥3,171 (2023/12/08 15:44時点 | Amazon調べ)
森永製菓
¥2,079 (2023/12/08 15:56時点 | Amazon調べ)

記念品

試食で終わりと思いきや、持ち帰り用の記念品も!1人につき1セットいただきました。

森永製菓
¥980 (2023/12/08 16:01時点 | Amazon調べ)

フォトスポット

キョロちゃんのフォトスポット。色も映えるし、何よりかわいい~♡

ギフトショップ

売店がありました。このお店だけの限定商品や、キャラクターがデザインされた小物、ぬいぐるみなどが並んでいます。グッズ類がかわいい♡

料金

工場見学の料金は、無料でした。

工場へのアクセス

〒230-0012
神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-1-1

JR京浜東北線「鶴見駅」東口
京浜急行「京急鶴見駅」 西口
駅から徒歩20分!

バスも出ていました。バスを使えば、駅から工場までおよそ10分。

バスは数分に1本という感じで本数が多いから、使いやすいし安心です。

あすママ
あすママ

駐車場はありませんでした。

見学の予約方法

森永製菓の公式サイトからの事前予約が必要です。

あすママ
あすママ

毎月1日の9:00~、翌月分の予約が開始されます。

見学の予約ができるのは、月~金曜日。
1日3枠
①10:00~
②12:30~
③13:45~
から選べます。(見学ツアーの所要時間は約60分)

未就学児のお子様は入場できません。

おわりに

神奈川県横浜市鶴見区にある森永製菓の工場見学をご紹介しました。ハイチュウは昔から根強い人気商品で、製造工程を見れるのは一見の価値あり。個人的に、砂糖の量を変えるとハイチュウの弾力に違いが出る映像がおもしろくて、子どもに見せてよかったと思いました。

見学が終わったあとの試食や記念品までいただけて、記念に残ること間違いなし!参加できるのが小学生以上ですが、土日祝はお休みなのが残念。学生さんは、夏休みの長期休みなどを使って見に行ってみてくださいね。