公文の算数ー1年でトロフィーをもらうには宿題を1日何枚?

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

くもん

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます(^_^)

我が家は、小1の4月から公文教室で算数を始めました。
公文を始めたときに思っていたのは

読者さん
読者さん

くもんで1年間学んだら、どのくらい勉強が進むのかしら?

わたしと同じように疑問に思っている方のために、こちらの記事では1年間でどのくらい公文の学習が進んだのかをまとめました。

また、1年間で3学年以上の学習が終わり、トロフィーがもらえることになりましたので、どのくらいのペースでどの教材をやっていったのかも紹介します。

-PR広告-



体験レポは、こちら ↓ でご紹介しています。

子どもの近視対策に効果的!アイケアークリップ口コミ体験談

スポンサーリンク

1年間で進んだ教材

3A→2A→A(小1)→B(小2)→C(小3)→D(小4) と、小学4年生レベル相当の学習まで終えました。

こうやって並べてみると、一目瞭然ですね。C教材(小3レベル)が1番日数もかかっているし、枚数もこなしました。

教材ごとの進度

各教材、200枚あります。3Aの途中、61~スタートでした。

 3A 4月中旬
 2A 4月中旬~5月上旬
  A  5月上旬~5月下旬
  B  6月上旬~8月下旬
  C  9月上旬~12月下旬
  D  12月下旬~3月上旬
あすママ
あすママ

ざっくりと、このような進み具合でした。

宿題は、1日何枚やったか

詳しくは、各教材の記事で紹介していますので、そちらを見ていただけると嬉しいです。平均すると、基本1日10枚が多かったです。

くもん算数の体験~1か月目についてはこちら
くもん算数、Aについてはこちら
くもん算数、Bについてはこちら
くもん算数、Cについてはこちら
くもん算数、Dについてはこちら

トロフィーを獲得するためにしたこと

我が家で意識したポイントは2つです。

あすママ
あすママ

<<ポイント.1>>
まずは、教室の先生にその意思を伝えることが大事だと思います。

娘は、くもんを始めた割と早い段階で、娘がトロフィーが欲しいと言い始めました。

そのことを念頭に、教材の進み具合をざっくり見てどのくらい進めるか、無理な目標になっていないかを見届けていました。本人が頑張ったので順調に進んだこともあり、夏頃には娘の意向を先生に伝えました。

先生は「協力します!」と言ってくれましたが、希望したからと言っても、学習が身についていなければ先に進めないので、少しでも不安があれば先生と相談して進めていくことが大事だと思います。

あすママ
あすママ

<<ポイント.2>>
1ケタの百ます計算を補助的に使用

我が家では、補助的に百ます計算を使うようにしました。

基本的なたし算、ひき算、かけ算、わり算の百ます計算ができます。こちらを使うことで計算の基礎やスピートが身についてくるので、計算が複雑になってきても子どもが理解しやすいように感じました。

小学館
¥660 (2024/04/08 14:58時点 | Amazon調べ)

トロフィーはいつもらえる?

3月時点で、3学年先の教材に進むことができたので、めでたくトロフィー受賞の対象になりました。実際にトロフィーがもらえるのは、夏ごろになるそうです。だいぶ先ですね。