公文で勉強嫌いになる?5つの原因と克服できた体験談

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

くもん

公文式は、個別学習のスタイルで、一人ひとりのペースに合わせて学習を進めることができます。しかし、公文式で勉強嫌いになってしまう子どもは少なくありません。

この記事では、公文で勉強嫌いになる原因と解決策について詳しく解説します。

1. 飽きる
2. 自信をなくす
3. ついていけない
4. 宿題の量が多い
5. 親からのプレッシャー

これらの原因について、それぞれ詳しく見ていきましょう。公文式で勉強嫌いになったとしても、この記事で紹介する解決策を参考に、お子様に合った学習方法を探していきましょう。

スポンサーリンク

飽きる

公文は、同じ問題を何度も繰り返し解くことで、計算力、国語力や英語力を身につける学習方法です。しかし、同じ問題を何度も解くのは、子どもにとって単調でつまらないと感じてしまうことがあります。

娘、今まで意欲的に取り組んできた公文の宿題についに飽きたようで「宿題やらない」とキッパリと… 無理強いは良くないというのを理性で理解しているものの、「…やろうよ?」としつこく言いそうになる。

コカドさん on X

また、ある程度の問題が解けるようになってくると、もっと新しい問題が解きたいと思うようになるものです。

しかし、公文式では、新しい問題に進むためには、ある程度の繰り返し学習をクリアする必要があります。そのため、同じような問題を何度も解かなければならない状況に陥ってしまうと、子どもは勉強への意欲を失ってしまう可能性があります。

自信をなくす

間違えた問題を何度もやり直させられると、子どもは自信をなくしてしまったり、苦手だと感じてしまうことがあります。

特に、間違えた問題を何度もやり直しても、なかなか正解できない場合、子どもは「自分はできない」と思ってしまうようになります。間違いを恐れ、挑戦することを躊躇してしまうということもあるかもしれません。

ついていけない

公文式は、個別学習のスタイルで一人ひとりのペースに合わせて学習を進めることができます。しかし、自分の理解度よりも先に進んでしまうとついていけなくなることがあります。

その結果、次の問題でも理解が追いつかずにスランプに陥ってやる気を失ってしまう可能性があります。そうなると、自信をなくしてしまったり、勉強への意欲が低下してしまうこともあります。

宿題の量が多い

公文式は、宿題の量が多いことで知られています。宿題の量が多いと、子どもは毎日が苦痛と感じてしまうことがあります。

週末の午前中はみんなで勉強タイム。くもんもなかなか宿題多いし 自分からやってくれる子ならいいんだけど なかなかやらない子にやらせるのも大変

m❤︎R5行政書士受験 on X

特に、学校や習い事など、他にも忙しいことが重なると、さらに負担が大きくなってしまいます。

親からのプレッシャー

親は、つい子どもに「宿題はやった?」や「宿題をしなさい」など声をかけてしまいがち。親にとっては不本意ながらも子どものやる気を削いでしまったり、子どもがプレッシャーを感じることもあり、子どもは勉強が楽しくなくなってしまうことがあります。

声をかけるタイミングや声のかけ方など意識できたらいいですね。

解決策

実際に公文を嫌がるお子様に対して、どんなことが出来るかを考えていきましょう。

子どものペースに合わせる

お子様が同じ問題を何度も解いて飽きてしまっている場合は、理解度を確認して、より難しい問題に挑戦できるようにしたり、逆に簡単な問題から復習したりするなど、学習進度を調整することが大切です。

間違いを恐れずにチャレンジできる環境を作る

間違えることを恐れてしまうと、子どもはチャレンジする意欲を失ってしまうことがあります。そこで大切なのは、間違いを恐れずにチャレンジできる環境を作ることです。

間違えた問題に対しては、「なぜ間違えたのか」を一緒に考え、理解を深めるようにしましょう。また、間違えても大丈夫という安心感を与えることも大切です。

公文式以外の学習も取り入れる

公文式は、計算力や国語力などの基礎学力を身につけるのに効果的な学習方法です。しかし、公文式だけに頼っていると、学習に偏りが生じてしまう可能性があります。

おすすめなのが、楽しみながら学習できるタブレット教材の「スマイルゼミ」です。スマイルゼミは、アニメやゲームを取り入れた楽しいコンテンツで、一人ひとりのペースに合わせて学習することができます。

ここから先は、実際に悩まれていた方の声を集めてみました。

【体験談】公文で勉強嫌いになったお子様、こうやって克服できた!

ここからは、公文を嫌だと感じたお子様がどう変わっていったのかという声を調べてみました。色んな方の体験談を見ていると、タブレット学習に変える方が多い印象でした。

公文をやめてスマイルゼミにしたんだが、予想外に子供がどハマりしてくれて嬉しい。 公文1教科の価格より安く4教科+英語+αができるからすごくお得。

桃崎 on X

公文をやめて スマイルゼミを始めた息子。プログラミングや英語も入ってて すっごく楽しそう。 もっと早く始めてればよかった!

あーママ on X

娘ちゃん、公文の宿題は嫌がるのにスマイルゼミはノリノリでやりたがる。 もう公文やめていいかな。

*かるこ* on X

習い事。公文やめてスマイルゼミに移行しようかなとお試し中(2週間無料)長男は公文よりこっちのほうが合ってるだろうなと思ったけど次男も合ってそう。

jun on X

このように、公文は嫌がっていたお子様が、スマイルゼミで楽しく取り組む様子が書かれています。

スマイルゼミは、楽しく学べる工夫がいっぱい詰まった通信教育です。アニメやゲーム感覚で学べる教材が揃っているので、お子様も自然と勉強に興味を持ちやすくなります。

まずは無料体験から始めてみて、楽しい学びの第一歩を踏み出してみましょう。親子で楽しく勉強するために、いろいろな方法を試してみてくださいね。

>> スマイルゼミを詳しく見てみる

まとめ

公文式で勉強嫌いになったとしても、あきらめる必要はありません。この記事で紹介した解決策を参考に、お子様に合った学習方法を見つけてください。親御さんの理解とサポートがあれば、きっとお子様は学習を克服し、学習への興味や意欲を取り戻すことができるでしょう。

お子様の学習に役立つ情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。