【小2】漢字検定9級満点合格!問題集&アプリを使って対策しました

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

小2

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます(^_^)

昨年順調に漢字検定10級が合格できたので、小学2年生で9級を受験しました。こちらの記事では、そのときに行った対策の問題集やアプリを紹介します。

漢字検定は個人受験の場合、1年で3回あります。今回は、娘が通っている公文教室で団体受験ができましたので、そちらを受けてきました。9級の出題範囲は、小2で習う漢字240文字。150点満点で、合格点は120点。2022年度9級の合格率は90.4%でした。

あすママ
あすママ

合格率、高いですね

-PR広告-



体験レポは、こちら ↓ でご紹介しています。

子どもの近視対策に効果的!アイケアークリップ口コミ体験談

スポンサーリンク

結果

満点合格できました。頑張りました!

あすママ
あすママ

もし間違えた問題があれば、どの問題を間違えたのか検定結果資料をもらえるのでわかります。

どんな問題が出たか

全部で105個の問いにチャレンジしました。

 読み問題      22問各 1点漢字の読みがなを書く
(例)友だち
 筆順        10問各 1点太いところは、何番目に書くか
 読みがなの書き足し 8問各 1点読みがなを埋める
(例)音色→ねい□
はね、とめ     4問各 1点はねるか、とめるか、〇の中に書き込む
(例)内がわ→内の右下部分を書き込む
音読みと訓読み   10問各 1点同じ漢字を使った読みがなを書く
(例)点数、数える
形のよく似た漢字  6問各 1点正しい漢字を選ぶ
(例)ど星→1.土星 2.上星
同じ部首の漢字   10問各 2点同じなかまの漢字を書く
(例)部首が日編→□るい(あか)、水□日(よう)
反対語、対応語など 10問各 2点(例)肉→□(さかな)
書き取り      25問各 2点ひらがなを漢字で書く
(例)音□□(がくしつ)

配点は、読みなどが各1点、書き取りが各2点で150点満点中。120点で合格となると、書き取りの2点問題であれば15問までの間違えは許される計算ですね。

つかった問題集

日本漢字能力検定協会のこちらの本です。過去問もありましたが、これで十分対策できると感じました。間違ったものや、わからなかった漢字を覚えるまで繰り返し練習しました。

日本漢字能力検定協会
¥1,100 (2023/12/04 10:44時点 | Amazon調べ)
あすママ
あすママ

サイズが2サイズあります。
私がつかったのは、ワイド版の大きい方。教科書と同じB5サイズなので使いやすかったです。

本番に近い問題を練習したいお子さんには、過去問がおすすめです。

編集:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
¥990 (2023/12/12 10:06時点 | Amazon調べ)
あすママ
あすママ

実物大のものは、こちら ↓
2020~2021年度に実施された検定問題から、セレクトし5回分にチャレンジできます

編集:日本漢字能力検定協会
¥770 (2023/12/12 10:07時点 | Amazon調べ)

つかったアプリ

移動中などの隙間時間に、アプリも使ってみました。 “漢検対策ならコレ!協会公式過去問アプリ”の漢検スタートです。10級から5級のドリルモード8,000問は、無料で使うことができるんです。このアプリで問題を解いていると、頻繁に出てくる漢字があるので、試験に出る確率が高い漢字なんだろうなーというのがわかりました。おすすめです。

次は、漢検8級にチャレンジ!