【小1】漢字検定10級合格!問題集&アプリを使って対策しました

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

小1

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます(^_^)

小学1年生の8月、漢字検定10級を受験しました。こちらの記事では、そのときに行った対策の問題集やアプリを紹介します。

漢字検定は個人受験の場合、1年で3回あります。今回は、娘が通っている公文教室で団体受験ができましたので、そちらを受けてきました。10級の出題範囲は、小1で習う漢字80文字。150点満点で、合格点は120点。2021年度10級の合格率は94.9%でした。

あすママ
あすママ

合格率、高いですね!

-PR広告-



体験レポは、こちら ↓ でご紹介しています。

子どもの近視対策に効果的!アイケアークリップ口コミ体験談

スポンサーリンク

結果

無事合格。2問間違いの146点でした。

 間違えた問題 

  1. 七千→なな□ん
    しかくに入る文字を答える問題
  2. がっこう→□□
    書き取りで、校の字が間違えていた
あすママ
あすママ

どんな問題を間違えたのかは、検定結果資料をもらえるのでわかります。

あす
あす

ちゃんと書いたよー

と娘は言っていましたが、答案用紙の返却がないので真相はわからず。字が汚かったのか、書き間違えたのか?謎です。ま、今読めたり書ければよし。

どんな問題が出たか

全部で81問出ました。

 読み問題      20問各 2点漢字の読みがなを書く
(例)二じかん目
 筆順        12問各 1点太いところは、何番目に書くか
 色々な読み方    8問各 2点別の読み方を書く
(あく手、手がみ)
 正しい読み方    5問各 2点ただしい読みがなに〇をつける
(例)王子→おうじ?おおじ?
 読みがなの書き足し 6問各 2点ひらがなを1文字入れて、ことばの読みを答える
(例)け糸→け□と
 反対語・対応後など 10問各 2点(例)手…□
 漢字の書き     20問各 2点漢字の書き取り
(例)せんせい→□□

配点は、ほとんど各2点でした。150点満点中、120点で合格となると、2点問題が15問までの間違えは許される計算。

つかった問題集

日本漢字能力検定協会のこちらの本です。過去問もありましたが、10級はこれで十分!対策できると感じました。

日本漢字能力検定協会
¥1,100 (2023/12/12 09:21時点 | Amazon調べ)
あすママ
あすママ

サイズが2サイズあります。
私がつかったのは、ワイド版の大きい方。教科書と同じB5サイズなので使いやすかったです。

本番に近い問題を練習したいお子さんには、過去問がおすすめです。

編集:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
¥990 (2023/12/12 10:14時点 | Amazon調べ)
あすママ
あすママ

実物大のものは、こちら ↓
※2020~2021年度に実施された検定問題から、セレクトした5回分にチャレンジできます

編集:日本漢字能力検定協会
¥770 (2023/12/12 09:23時点 | Amazon調べ)

つかったアプリ

移動中などの隙間時間に、アプリも使ってみました。 “漢検対策ならコレ!協会公式過去問アプリ”の漢検スタートです。10級から5級のドリルモード8,000問は、無料で使うことができるんです。このアプリで問題を解いていると、頻繁に出てくる漢字があるので、試験に出る確率が高い漢字なんだろうなーというのがわかりました。おすすめです。

来年は、漢検9級にチャレンジ!