学研の無料体験ー何をやった?どうだった?体験レポ【小学校入学前】

*アドセンス広告、アフィリエイト広告、PR広告が含まれています。

小1

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます(^_^)

小学校への進級にともなって、くもんや学研が気になり始めました。
そこで、くもんと学研の無料体験をさせてもらいました。

こちらの記事では、年長3月におこなった、学研教室の無料体験について、まとめてみました。

くもんの無料体験についてはこちらです。

スポンサーリンク

無料体験できる教科は?

学研では、算数と国語の2教科がセットになっているため、この2科目を体験しました。

無料体験では、何ができる?

無料体験では、まずはじめに国語と算数の診断テストがありました。

後日、親と先生で2者面談をしました。内容は、診断テストの結果、それに基づきどの教材から進んでいくのか、また学研のシステムの説明です。

あすママ
あすママ

体験前に、子どもの学力をしっかり説明いただけるのは、先生の対応の丁寧さがわかりますね!教室の雰囲気も見ることができ、安心できました。

その後、期間中に2回教室へいき、実際に学研のプリント学習を取り組むことができます。我が家の場合、同じ週の火曜、金曜に教室へいきました。

実際に教室へ入り、通っている子どもたちと、肩を並べてプリントを体験してきました。

くもんと同様で、火曜日に1回目の体験をした後、次回の金曜日までの間(水、木曜日分)の自宅学習用の宿題プリントまでいただけたんです!実際に通った場合のシュミレーションができてありがたいですね。

無料体験で取り組んだ教材は?

取り組んだ教材は、以下のとおりです。

算数:9級 7枚(1~10までの数字の練習、数をかぞえ〇に色ぬり、どちらが多い?など)

国語:9級 7枚(”あ~ほ”まで読む、書く)

教材は、体験の前におこなった診断テストの結果をもとに、先生がプリントを選んでくれました。

無料体験、どうだった?

先生との2者面談があったので、子どもの学力についてじっくりとお話しを聞くことができました。

良かったポイントを言葉にしてくれたので、娘は嬉しかったようです。

あす
あす

学研も楽しかった!また行きたい!

くもんと同じ感想(꒪ȏ꒪) 語彙力の乏しさという感じでした。

学研の無料体験で感じたこと

地域によって、教室や先生の考え方、様子はさまざまだと思います。あくまで、娘が行った教室の個人的な感想です。

教室は、先生の自宅リビングでした。リビング内のため、席数がかなり限られており、通室する時間の融通がききにくいと感じました。少ない人数でやるから、活気は感じにくい反面、先生にじっくり聞きやすいと思いました。

  • 教室では、算数・国語2枚ずつ解く(両面)
  • 宿題は、毎日算数・国語1枚ずつ(両面)
  • 100点満点になるまで何度でも解かせる
  • プリントは、教室保管
    年度ごと?の面談で一括返却。教室でわからない問題があったときに、本人がその場で過去のプリントから調べて解かせるため
  • 本人が全部プリントを読み、解く
    先生には、聞けば教えてくれるシステム
  • 先取りというよりは、教科書に近しいものを予習・復習を繰り返す
    理解できており、先に進みたい場合は相談すれば受け入れてもらえるようです
  • 先生の話しから、学校の授業では演習量がたりなかったり、理解しきれなかった部分を理解するために通ってる印象

以上、学研の無料体験の感想です。

くもんと学研、どちらがいいのか、何が違うのか?迷う方も多いのではないでしょうか。気になる方は、無料体験をお試しされることをおすすめします。

別の記事で、くもんと学研の無料体験を比較し、まとめています。
詳しくは、こちらからご覧ください。

あすママ
あすママ

小学生の英才教育で有名な【玉井式】に、国語の教材が登場!

▶長文を読むことを嫌がらない脳の習慣ができる
▶国語で増えているリスニング問題対策もできる
▶漢字の学習も楽しくわかりやすくできる工夫がされているなど
詳しくは、こちらから ↓

【玉井式】魔法の国語 資料請求はこちら

-PR広告-

\外出先でも便利!/
スキマ時間にもおすすめの知育アプリ